彼のいる生活

                                f:id:yokase_oha:20180225142017j:image

 

 よく友だちから「同棲しとん?」と訊かれるけど、そのたびになんだかくすぐったい。「しとらんよ」「せやけど、いつも一緒におるイメージやで」「ああ……週に3日…ぐらいは一緒やねん」そう言うとだいたいはラブラブやねと返してくれる。一人暮らしの私の部屋に彼がいる。彼の匂いがする。彼の歯ブラシが置かれている。私は他人が自分のテリトリーに入ってくることが、すごくストレスで嫌なんだけど、同じ空間にいることに抵抗も嫌悪も感じない。沈黙も苦にならないし、おならやげっぷもしちゃうし、どうしてもと思ったことは素直に伝え合う。子どもみたいにじゃれ合ったあと、セックスして、親子みたいに抱き合って眠る。お腹がすいたらコンビニで買ったお菓子を食べて、一緒に煙草を吸う。当たり前だと思いたくない。彼で満たされている時間が、私の幸福度を上昇させているので、これを当然だと思ってしまうと後々にひどいことになる(もしこの関係が終わりを迎えたら、その時に)。

 少しでも幸せに浸る練習をしないと、いつまでも幸せに慣れない。幸せになれない。

 怖がりだけど、逃げちゃだめだ。私は少しずつ幸せにならないと。