眠れない

  眠れないときと、眠れるときの差がすごい。眠れるときは、自分でも気づかないうちに寝ていることが多くて、いつのまにか朝になっている。アラームを夕方にセットしておくので寝坊などはないけれど、それでも時間が一気に流されていった気がして、憂鬱になる。10時間は絶対に寝ているはずなのに、勤務中にも眠気が襲って、立ちくらみや眩暈や頭痛がする。そして昼間に横になっているうちに更に2時間ほど眠ることがある。私の体なのに管理ができないし、コントロールも効かないので、苛つく。

  眠れないときは、本当に朝方までずっと目がギラギラしている。目を閉じても真っ暗闇が続くばかりで、なかなか眠ることができない。ただ目を閉じているだけの状態が続くので、夜が長い。2〜3時ぐらいにやった眠れると思ったら、6時ぐらいに目がさめる。職場でも目が冴えて、横にならなくてもずっと働いていられる。ただ眠気はあるので常にポーッとしてしまう感じがある。

  こうした急激な睡眠の質による自分の体調管理などがうまくできない。眠りたいのに眠れないときもあれば、眠るつもりじゃなかったのに熟睡してしまうときもある。どうなっているの私の体、と思うけど、あいにくボロが来ている体なので言うことを聞いちゃくれない。

「甘えてばかりでごめんね」と何人の人に謝って、罪悪感を抱いて生きていけばいいんだろう。私はこれから何人の人に頭を下げれば生きていけるんだろう。まあいいか、で私は済ますことができない。楽観的にも能天気にもなれない。ただ自分の存在が周囲に馴染めていないのではないか、何か迷惑をかけているのではないか、お願いだからこっちを見ないでと、視線に怯える日々を送っているだけだ。私の生き方だと、いつか自爆してしまうよ。生きづらさを感じて息が詰まって救うことができないよ。そう言われるけど、自分のことって案外気づくことができていない。周りからそう言われても自覚がない。困ったなぁ。