創作 「心のすきま」⑪

「柊花は大丈夫なの?」

 電話越しの美也子さんはとても不安げだった。俺とのことが知られたとメールをすると、すぐに電話がかかってきた。用事があって出られなかったので、気づいたときには着信が7件もきていた。

 柊花の部屋の電気が消えたことを確認して、寒空のした美也子さんと電話をする。二か月ぶりだった。

「恐ろしいほど冷静だったよ。俺のほうが、どうにかなりそうだった」

「でも、記憶は戻っていないんでしょう」

「うん。俺のこと、全然覚えてない」

 自分で言って虚しくなった。俺自身が、まだそこを受け入れられていないのに。

「淡島くんは、これからどうしていくつもり。勢いにのって、聞くに堪えかねて、あの子を自分の家に連れて帰って共同生活を始めてしまったけど」

「美也子さんだって話を合わせてくれたじゃないか」

「あなたみたいな自由すぎるイトコ、血縁関係にいないわよ」

「俺は、柊花を放っておけなかった」

 二年前、林と喧嘩をしていた柊花を見てから、俺はずっと彼女が気になっていた。

 きれいな人だと思った。だけど、明らかに男に手をあげられているなと察知した。怒鳴る男に何度も「ごめんなさい」と謝る柊花の横顔が、焼き付いて離れない。

「健吾が柊花に手をあげるようになって、だんだんあの子もまいっていったからね」

「きっかけは、なんでしたっけ」

「仕事のミスの連発で、気が立っていたんでしょう。プライドの高いやつだったから……そのぶん寂しがりやで弱虫だから、柊花がいないと壊れそうでね」

「そういうのずるい」

 心の底から思う。俺だって林と同じようなものだ。叔父さんも亡くなって、寂しさを共有していた叔母さんがいなくなって、心にすきまが空いていた。たまたま、林と喧嘩したあとに泣いている柊花に声をかけただけだけど、話をしているうちに彼女が、なんだか自分を満たしてくれている気がしたのだ。この人は危険だ。何度もそう思った。焦がれてしまう。熱く、熱く、俺はこの人を求めてしまう。そんな予感がずっとあったのだ。

「俺だって、柊花がいなかったら、壊れていた」

「柊花はずっと苦しんでいたわよ。健吾がいるのにって……年下の男の子といると、心地いいのよって」

 俺といると健吾のことが頭をかすめる。そういうふうに漏らしたことがある。柊花の切なそうな表情。乱れた髪。いつまでも健吾だけを愛していた柊花。そんな彼女が美也子さんにそういうふうに話していたことを初めて知った。

「あなたの前で苦しんでいる素振りを見せたくなかったんでしょうね。健吾とあなたのあいだで揺れているなんて……柊花は真面目だから、浮気をしている自分が嫌だったんでしょう」

「浮気じゃない。あれは、俺が強引に」

「でも柊花はそうは考えられないのよ。あなたを巻き込んでしまったと思っている」

 美也子さんは淡々と言い、それからふっと微笑んだ。

「一生懸命すぎるわよ、みんな。健吾は死んじゃって、あの子はあなたのことを忘れちゃって、そんな柊花を全部受け止めようとするなんて……無茶よ。どこかで誰かがパンクしちゃうわよ、きっと」

「柊花は俺とのことを知って、パンクするかな」

「どうかしら」

 声が凍える。秋でも日が暮れると十分に寒い。歩くたびに落ち葉の乾いた音がして、叔母さんのことを思い出した。紅葉がきれいで、よく眺めていた叔母さん。俺が掃除をしても次から次へと葉が落ちてくるので、彼女の好んだ景色はずっとあのままだった。

「柊花のことをどうしたいの?」

 単純な疑問。俺は、答えられるなら、堂々とこの胸の内を吐露したかった。柊花本人に、二年間告げることのできなかった思いを、美也子さんにぶつけたかった。もう苦しいのだ。辛くて、悲しくて、やりきれない。でも、それは逃げだ。美也子さんに甘えているだけだ。二年前、柊花に寄りかかりすぎた俺と何も変わらない。

「自由にしてあげたい」

 俺が叔父さんたちにしてもらったように。

 柊花の林への思いから。

 過去から。

 歪んだ愛から。

 救ってあげたい。

「もう、苦しまなくてもいいんだよ。柊花は」