f:id:yokase_oha:20170807201412j:image

 

  台風の中、傘がなくて、無謀だけど飛び出した。出勤するのが嫌だったから、むしゃくしゃしていたから、思いきり雨を浴びた。昨日打たれた鎮静剤のせいで、右肩がかなり痛い。

  コンビニで650円のビニール傘を買ったけど、なんだこれ、ぜんぜん役に立たない。数秒で折れてしまった。悔しくて泣いてしまおうかと思ったけど、こんなに雨で濡れた顔では、涙は映えないと思ったのでやめた。

  電車に座るのはやめておいた。こんなびしょ濡れ…というより、水が絞れそうなほどの服で座るには、他の人に迷惑がかかると思ったから。

 

  けっきょく、服の何もかもを同僚に貸してもらった。家に帰って洗濯ものを回して干す。恋人のTシャツもあったので、丁寧にシワを伸ばした。

  憂鬱な日は何もしないに限る。なにもせず、だらだらと過ごす。頭を空っぽにして、なにも考えないようにして、無になる。家に帰って扉に鍵をかけると、外の世界が遮断される。私にとって、仕事とか上司とか書類とか、そういうのは全部無しになる。本当に実在しているのか?と思ってしまうほど。次の日になれば、嫌な現実がすぐそこにあるとわかってはいるけど。