雨が続く

 

 今週はずっと雨なんだって。

 せっかく仕事から帰ってランニングをしようって思っていたのに。なんだか予定も狂っちゃって、ほんの少しガッガリ。

 だけど、雨の日に聴く音楽とか観る映画っていいね。雨だからっていう理由で家に引き込まれるし。無理に外出をしなくてもいい。窓を閉めてこの世界を独り占めしてしまえばいい。

 

 自分じゃどうにもならない感情ってよくある。だれかにぶちまけたり発散させたりできる環境が、かえってダメになることも。

 22歳で、仕事もして、恋人もいて、少ないけど友だちと呼べる人もいる。

 なのにどうしてこんなに苦しいんだろう。これが私の人間性というか、根本的なものだから仕方がないのかもしれない。それを言われると、返す言葉がなくなるけれど、そのまま「しょうがないか」で受け入れたくない。

 満たされているのに、苦しい。

 満たされているから、苦しい。

 他人に興味がなくて自分のことばかり気になってしまう。自分ってどんな人間なのか全く未だに把握できていない。いろいろな自分がいて、いろいろな面があって、それらがバラバラになってしまうような感覚。それら全部で私なのに、深い混乱を招いてしまう。

 

「何気なく言ったときの、その言葉の節々に含まれた奥深さが好きだ」

「たまにこっちがドキッとするようなことを言う。本当にきみの言葉なのか疑うぐらいの」

 

 そう言われて嬉しい。薄い会話も楽しいけど、自分が丁寧に選んだ言葉を受け止めてくれるのも、こちらとしては有難い。

 私は、もう強くないから。たったそれだけの褒め言葉で、涙を流してしまう。

 コンビニでレシートをクシャッと丸めた私に「もしよろしければ、レシートもらいますよ」と言ってくれた店員がいた。それだけで、私は涙が溢れそうになる。ありがとう、とお礼を言った。少し触れた手。外に出て土砂降りの雨に濡れながら、私の行き場のない「苦しい」気持ちも、どうか洗い流してほしいと思った。傘はあえてささなかった。なんだか、濡れたい気分だったのだ。